トップページ サービス一覧 画像監視サービス

画像監視サービス

画像監視サービスの機能

画像監視サービスは簡易型Webカメラで施設の監視をすることができます。

ネットワークカメラのライブ映像をインターネット上でどこでも閲覧することができます。

1 マルチ表示に対応

複数のライブ映像を一画面に表示でき、最大15画面まで同時に表示可能です。

2 記録と映像が比較できる

静止画とコメントを合わせて記録し、静止画とライブ画像を並べて比較できます。

3 録画・再生することができる

録画した映像は、専用ソフトで準動画として、再生できます。(録画は連続した静止画になります。)

4 動く物体を検知できる

カメラの撮影範囲内の動作する物体を検知でき、その画像を記録し、メールで送信ができます。

適用例

取水場での監視 広域に点在する上下水道施設の取水口のごみ詰りを監視し、夜間出動回数を低減できます。
凝集不良の確認 フロック形成池のフロックの状態の監視し、凝集不良時の初動が早くなります。
テレメータの更新工事 テレメータ更新工事時の監視画面の仮設で監視することで、仮設切替費用を低減できます。
汚泥の盗難防止 排水汚泥ヤードを監視し、不法侵入による汚泥の盗難等による廃掃法違反を防止します。
場内の侵入検知 場内の侵入者を検知し、メールで通知することで、不法侵入を早期に発見し、事故を抑止します。

画像監視サービス導入で得られる効果

1 運用変更への柔軟な対応

広域に点在する施設や機器の監視、原水の監視等様々な用途に使用することができます。無人施設や場外機場の操作盤表示を遠方の監視センターから画像で集中監視することで維持管理の効率化が図れます。

2 作業負荷の軽減

過去の異常時等の録画画像とライブ画像を比較しながら監視することで変化が捉えやすく状況判断を迅速に行うことができます。

3 業務の効率化

録画画像にコメントを追記・記録することで録画時の状況説明を残せるため、第三者でも状況を把握できます。

4 具体的報告とノウハウの蓄積

お客様は、ネットワークカメラやルーター以外のサーバー等の機器購入が不要な為、初期建設費用を大幅に縮減できます。さらに保守・運用費用も縮減できるので、ライフサイクルコストを大幅に低減できます。

5 トラブルの抑止やイタズラ防止

場内への人の侵入を検知して、クラウドに記録し、メールを送信します。これにより現場の現在の状態が早期に確認可能になり、トラブルの抑止や子供のイタズラの防止ができます。

導入に関するお問い合わせ

インターネットでのお問い合わせ

お問い合わせ



導入に関するお問い合わせ

インターネットでのお問い合わせ

  • お問い合わせ
  • カタログダウンロード
  • よくあるご質問